雑学あれこれ

2

淡水真珠の歴史

淡水真珠の歴史

アコヤ貝、黒蝶貝、白蝶貝、などの真珠は昔から光沢があり、海のミネラルを多く含むため、美しかったのですが、 主に南の海が生息地でさらに海にもぐらないと採取できないため、昔は特定の地域のみで愛されてきました。

これらの保管剤になったのが淡水真珠でした。 昔は水がきれいだった為、熱帯でも寒帯でも水のあるところであれば各地の沼や、川に生息できたのです。 淡水真珠はでこぼこした真珠や皺の多い真珠、細長い真珠などが多く、時折大粒真珠を生み出すため多くの真珠が採れない場所でも人々に愛用されてきました。

日本でも淡水真珠は太古の時代より珍重され古代の貝塚や遺跡からでこぼこした真珠がでてくることがあると、淡水真珠の可能性が高い事が多いです。

このように淡水真珠は古くから人と関わり続けてきた真珠でした。

 

大正時代のモダンなおしゃれ

昔の女性は真珠をとても上手におしゃれに取り入れてきました。

 

-

 

洋服のデザインも個性的で現代より柄も派手ですが、組み合わせが絶妙ですね。まるで女優さんかのような出で立ちです。

ロング真珠ネックレスも上手に普段使いされている事に関心します。

現代ではこのようなワンピース、また高級な生地もなくなり、安価な生地が増えました。

またこの時代の服が流行し、真珠との組み合わせがより美しくなる普段着が増えてくれば嬉しいです。

 

淡水真珠の個性豊かな形を活かしたデザインパール

当店のデザイン真珠は、このような昔から愛された、普段使いできる美しい真珠の形も取扱い、あらゆる場面でのパールジュエリーとしてのオシャレを楽しんでいただきたいというコンセプトでご提供しております。

 

当店のコインパール

 

ロング真珠ネックレス

ロング真珠ネックレスは高価でもあり、特に淡水真珠は形がいびつだと考えられがちですが当店のロング真珠ネックレスは違います。セミラウンドを厳選し、つや、てり、なども重要視して検品しております。

価格も定価16,800円と非常にリーズナブルになっております。

貴方のおしゃれにぜひ取り入れてみてください。

真珠の歴史

人と真珠の関わり合い

人と天然真珠の関係は古く、太古の時代から続いてきました。 現在はほとんどが養殖真珠となりましたが、昔は世界各地に広くその天然真珠が存在した証を見ることができます。

天然真珠とは自然に生息する貝の中から採れる真珠のことを言い、海辺や川の近くに住む人々が貝を開いたところ、その中から 美しい真珠が現れたといいます。

古代ローマの博物学者、ガイウス・プリニウス・セクンドゥスの言葉で 「世界の何処にあってもまさしく至宝とたたえられるもの、それは真珠である」とあります。 

 

世界の真珠の歴史

 

「天工開物」の真珠採取風景

 

西太后が肌身離さず身につけたいたお守りが「パール・オブ・アジア」(巨大なパール)は

有名な話です。

 

マナール湾の真珠採取風景 参考サイト:The history of swimming goggles

 

他、インドでは紀元前18世紀頃から伝わる聖典にも真珠と解釈される言葉があります。

ペルシャにおいては真珠採取の歴史は約4000年前に遡ると言われます。

広大な地中海一帯にはびこったローマ帝国では真珠が大流行しました。

14世紀には真珠熱が異常に高まり、ベニスでは花嫁以外の女性に真珠禁止令がでたそうです。

日本でも3世紀後半(弥生時代後期)の産物にふれて「真珠や青玉を産出する」としまた壱与は

魏(ぎ)の王に「白珠5000個を献上した」とあります。この白珠は真珠のことだそうです。

 

このように歴史をふりかえると真珠は大変貴重なものであり、且つ、大変愛されてきた宝石であることがわかります。

現代では養殖により最も日本人にとって身近な宝石となった真珠ですが、天然真珠の時代から数千年という

長い年月の中存在しつづけた宝石といえるでしょう。